HOME > 販売DVD > 戦後日本の原風景 > Vol.1 都民たちの戦場 〜東京大空襲〜

Vol.1 都民たちの戦場 〜東京大空襲〜

東京大空襲米軍が記録した敗戦直後のカラー映像をベースに丹念に現地取材で検証。
1945年3月10日。アメリカ軍のB29の大編隊で深夜の東京に襲来。焼夷弾を雨と降らせた。戦闘員も非戦闘員もない無差別じゅうたん爆撃である。深川を中心とする東京下町は焼け野原となった。そのとき火の雨をかいくぐって命からがら逃げのびた作家の早乙女勝元さんは、恐怖の一夜が明けて隅田川を埋めつくした死体を見た。「勝元、よく見ておけ。これが戦争だ」と言ったその時の父の言葉が忘れられない、と語る。

東京は敗戦までに実に130回もの爆撃を受けて壊滅。そして8月15日、敗戦を迎えた。9月になるとアメリカ軍の進駐が始まりマッカーサーが焼け残ったアメリカ大使館に占領の旗をたてた。戦後の日本がスタートした。焼け跡のバラックに暮らす人々の瓦礫の山の片付けが始まり、人々は配給に列をつくる。
破壊的打撃を受けた東京の姿が戦争というものの恐ろしさ、むなしさを雄弁に物語る。

映像資料:米国立公文書館
監修・お話:作家・東京空襲を記録する会
 早乙女 勝元
ナレーター:玉井 孝
協力:東京消防庁・消防博物館・京浜急行電鉄株式会社・東京交通局・大阪交通科学博物館

文部科学省選定

価格:¥10,800(本体価格¥10,000) 85分 DVD
買い物カゴの中身を見る
 

販売DVD

 
1995-2008 © DOCUMENTARY WORKSHOP, INC