HOME > 販売DVD > 日本国憲法シリーズ > 日本国憲法を生んだ密室の9日間

日本国憲法を生んだ密室の9日間

日本国憲法を生んだ密室の9日間日本国憲法の草案は、連合軍総指令部(GHQ)民政局の手で、昭和21年(1946年)2月4日から12日までの、僅か9日間で作成された。
実際に草案を執筆したのは、民政局次長チャールズ・L・ケーディス大佐以下25人。2月4日、民政局長ホイットニー准少から、民主主義下の天皇制擁護、戦争放棄など、3原則をメモしたいわゆるマッカーサー・ノートと呼ばれる三原則を渡され、日本人立ち入り禁止の密室で、ほぼ一週間で草案を書くよう命令される。
メンバーは、総括をする運営委員会の下に、立法権、行政権、人権、司法権、地方行政、財政、天皇、条約、授権規定の7つの委員会に分かれ、直ちに作業に入った。
資料を借りに走るのも、その日からタイプに向かうのも、さながら突然の試験を数日先に言い渡された学生のような雰囲気であった。

この作品は、25人の内健在の6人の当事者と3人の関係者・学者にインタビュー、米国立公文書館、メリーランド大学などの文書資料や映像資料を豊富に交えて、当時を彷彿できるよう映像化した。
なぜ、GHQが日本国憲法の草案を、手掛けなければならなかったのか?天皇をシンボルとした発想はどこからきたのか?第9条はどうしてうまれたのか?男女同権は誰が書いたか?
この作品は、そのすべてに答えている。

 

[ インタビューした人々 ]
民政局次長 元陸軍大佐 運営委員会責任者戦争放棄条項担当
 チャールズ・L・ケーディス氏
天皇条項担当 元海軍少尉 リチャード・プール氏
立法権条項担当 元海軍中尉 オズボーン・ハウギ氏
人権条項担当 ベアテ・シロタ・ゴードン女氏
行政権条項担当 元陸軍中尉 ミルトン・エスマン氏
民政局通訳 元陸軍中尉 ジョセフ・ゴードン氏
民政局員ながら草案当時入院中だった ジャスティン・ウィリアム氏
メリーランド大学名誉教授 日本国憲法研究の第一人者
 セオドア・マクネリー氏

監修・取材:神戸大学教授 五百旗頭 真
ナレーター:横内 正
音楽:奥村 貢

価格:¥10,800(本体価格¥10,000) 85分 DVD

販売DVD

 
1995-2008 © DOCUMENTARY WORKSHOP, INC